製品情報

多様なニーズに応えるフロイントの医薬品添加剤

添加剤は、原薬とは異なり、一般的にそれ自体に薬効はありません。しかしながら、医薬品の中には、原薬がごく微量で薬効がある、原薬に苦味や臭気がある等により、服用が容易でなく、取り扱いやすい剤形への製剤化が必要となる場合があります。また、持続性や腸溶性が期待される医薬品は原薬自体に期待する効果があるとは限らず、目的に応じた医薬品製剤の開発が必要となる場合があります。このように、医薬品製剤は原薬の働きを適切に発揮させるために適切な製剤化が不可欠であり、その剤形としては錠剤、コーティング剤、口腔内速崩壊錠、カプセル剤、顆粒剤などさまざまな剤形をとりますが、適切な製剤の開発には薬効を持たないさまざまな添加剤の存在が必須です。
フロイント産業はキーテクノロジーである造粒・コーティング技術を駆使し、直打用賦形剤、球形顆粒、結合剤等ユニークな添加剤を製造・販売し、医薬品の開発を側面から支え ています。


 

お問い合わせはこちら

 

▲ページの上に戻る

〒160-0023 東京都新宿区西新宿6丁目25-13 フロイントビル
TEL 03-6890-0750 FAX 03-6890-0870