製品情報

Granuformer®(グラニュフォーマー)New Icon

機械製品 造粒装置

連続造粒装置(Granuformer:グラニュフォーマー)

革新的な連続造粒装置を開発!


Granuformer® は、従来バッチ生産していた造粒から乾燥までの工程を連続処理する革新的な装置です。近年、造粒加工工程をバッチ生産から連続生産にシフトし、生産向上や品質安定化、コスト低減を図る動きが欧米をはじめ日本の医薬品分野で顕在化しています。本装置はこれらを踏まえて開発しました。造粒・整粒・乾燥工程を一台に集約した連続造粒装置は日本初の試みです。
Granuformer® は、主に2軸エクストルーダー、垂直整粒機、スパイラルドライヤー、回収装置(サイクロン)から構成されています。各構成部がそれぞれ特異な性能を有しており、医薬品・食品に適した造粒品を生産できます。
その造粒品は、下記の特長を有しています。
・ポーラスな顆粒 ・シャープな粒度分布 ・粗大品が少ない顆粒

特長

● スパイラルドライヤーにより連続乾燥が可能
● 流動層造粒品と同等品を製造可能
● スケールアップが容易
   ・生産量は運転時間の調整でコントロール可能
● 開発コストの低減
   ・バリデーションに必要な原材料と、開発時間の削減
   ・異なるバッチサイズの装置は不要
● QbD(Quality by Design)に対応
   ・デザインスペースの構築も容易
● コンテインメントに対応可能
  ・連続処理のため、工程ごとの投入・排出が不要で、曝露リスクが低減

仕様

外寸 W 2375 x D 1175 x H 1875(mm) 
重量 845kg 
電気容量 200V、8kw 
圧縮空気 0.5MPa、100L/min 
処理量 2~5kg/h 

             ※外寸はコンセプトモデルにおける暫定の寸法です。
             ※原料処方、条件等により変動します。
             ※記載の仕様に関しては変更になっている場合がございます。
                必ず当社窓口へご連絡下さい。
             ※記載以外の仕様については当社窓口へご相談下さい。


 

お問い合わせはこちら

 

▲ページの上に戻る

〒160-0023 東京都新宿区西新宿6丁目25-13 フロイントビル
TEL 03-6890-0750 FAX 03-6890-0870