FREUND フロイント産業

Works仕事の流れ

機械製品のお引き渡しまで

引合
img_works_inquiry.png営業部門では、日常の営業活動やお客さまとの打合せの中で、情報収集を行い、お客さまのニーズの掘り起こしや要望を引き出し、提案を行いますお客さまからの引き合い(機械装置購入に関する依頼や問い合わせ)を受け、 営業部門は社内の関係部署(設計部門、技術部部門など)に連絡を取り、納期やコストなど、装置の見積もりを依頼します。
技術部門にてプラント設計、設計部門にて装置設計をし、設計内容を元に調達部門が協力会社へ見積依頼します。技術部門や設計部門がコストを割り出した後、調達部門はトータル製造コストを積算し、営業部門に回答します。
見積もり結果が出ると、営業部門が総合的に検討し、受注可能かどうかを判断してお客さまに伝えます。
関わる部署 営業部門 調達部門 設計部門 技術部門

受注
img_works_order.jpg営業部門では、引き合い時に社内で検討した納期やコストを元に、より具体的な条件(販売価格や支払い条件など)についてお客さまと交渉を行います。交渉が合意すると注文書を頂き正式に受注となり、営業管理部門にて受注処理を行います。
関連部署と受注会議を行い、受注内容の確認、納期や仕様などの情報共有を行います。

関わる部署 営業部門 営業管理部門

手配
img_works_arrangement.jpg技術部門もしくは設計部門より資材・機材の購入手配依頼を調達部門へ行います。
調達部門では、価格、納期などの交渉を行います。

関わる部署 技術部門 設計部門 調達部門

設計
img_works_desk.jpgお客さまと詳細部分の仕様を詰め、品質・安全性に関わる規格について確認した上で図面を作成します。お客さまより承認を頂き、必要部品の購入・製造工程に入ります。

関わる部署 技術部門 設計部門

資材の発注
img_works_order.jpg調達部門にて技術部門や設計部門が作成した図面を元に、必要な資材・機材の調達を行います。
発注後は、必要な資材・機材が適切な時期に納品されるよう納期管理を行い、お客さまの要求納期に間に合うよう対応します。

関わる部署 技術部門 設計部門 調達部門

製造
img_works_manufacture.jpg大型部品や重要部品については、メーカーから納入された段階で品質管理部門が検査を行い、品質や安全性に問題がないことを確認します。
外注工場が、集まった資材・機材を加工して必要な部品を製作し、できた部品を組み立てて製品を製造するために必要な指示を出し、現場を動かします。
設計部門から提示された図面を確認し、作業工程の計画立案や作業員の配置を検討するほか、必要に応じて新しい製造方法の提案、設備保守・点検、現場作業に適したオリジナルの道具の考案や製作なども行います。
良い製品をより効率的に作ることができる現場にするため、様々な工夫や改善を行い、製品を組み立てていきます。

関わる部署 調達部門 技術部門 設計部門 品質管理部門

設置
img_works_installation.jpg出荷前の検査で出荷基準を満たした機器を、現地にて設置します。重量物を扱う作業のため重機を使用しての作業となります。
設置完了後は、ダクト・配管・電気計装等、設備工事を行います。工事監督はもちろんのこと、安全管理や工程管理にも十分留意しての作業となります。
工事が完了したら、配線などの接続が間違っていないか確認したうえで、様々な調整作業を実施します。また、仕様書通りの能力を満たしているか、安全性や品質に異常がないか検査を実施します。不具合が発見された場合は、原因を確認して是正処置を行います。
その他、お客様への取扱説明やオペレータトレーニングを実施します。

関わる部署 技術部門

試運転
img_works_commissioning.jpg完成した装置をお客さまに引き渡す前に現地で実際に運転して、運転時の温度や圧力などの様々なデータを取り、仕様書通りの性能が出ているか、安全性や品質に異常はないかを確認します。

関わる部署 テクニカルサービス部門

引き渡し
img_works_delivery.jpg試運転を終えた装置を実際に動かして運転状況を確認するなど最終的な装置の検査・調整を行い、お客さまへ製品を引き渡します。
運用が始まってからも、アフターサービスを行います。

関わる部署 営業部門 テクニカルサービス部門