製品情報

ポリシングワックス-105

化成品 医薬品添加剤

pori_full.jpgポリシングワックス-105は、微粉末状の日本薬局方 カルナウバロウです。
植物性のロウの中で最も融点が高く、光沢のある被膜を形成しますので、特に錠剤の艶出しに有用です。

《特長》

◆糖衣錠、フィルムコーティング錠等に艶出しができます。
◆錠剤の滑りを良くし、作業性を向上させます。
◆ワックスマトリックス形成剤としても有用です。

《粉体物性》

平均粒子径

安息角

かさ密度

loose

tap

14μm

 45°

0.25g/mL

0.51g/mL

*物性値は代表値であり、規格ではありません。

 

《艶出し方法例》

錠剤への艶出しは一般的に以下の手順で行います。

工程1
コーティング装置の給排気を停止します。
パンを回転させポリシングワックス-105を錠剤表面に散布します(錠剤に対しおよそ0.01%)。
錠剤が滑らないよう次第にパン回転数を上げて数分間保持します。

工程2
艶が得られるまで工程1を繰り返します(一般的には3~4回)。

工程3
最後に給排気を数分間運転し、錠剤表面に付着した余分なワックスの粉末を除きます。

 

《艶出し操作条件(例)》

全自動糖衣フィルムコーティング装置<アクアコーター®>による糖衣錠への艶出し操作条件(例)

《使用装置》  アクアコーター® AQC-100
《錠剤》      糖衣錠70kg (400mg/錠)
《ポリシングワックス-105の散布量》 15g (糖衣錠に対しおよそ0.02%)

艶出し処理数

ポリシングワックス-105散布量

パン回転数

艶出し処理時間

粉取り処理時間

1

5g

4→10rpm

6.5min

------

2

5g

10→14rpm

8.5min

------

3

5g

14→18rpm

8.5min

------

粉取り

-------

18rpm

-------

5min

pori_11.jpg
 pori_2.jpg
アクアコーター®AQC-100  

 

お問い合わせはこちら

 

▲ページの上に戻る

〒160-0023 東京都新宿区西新宿6丁目25-13 フロイントビル
TEL 03-6890-0750 FAX 03-6890-0870