製品情報

ダイラクトーズ®

化成品 医薬品添加剤

dai_full.jpg

ダイラクトーズは、独自の流動層造粒法により開発 された日本薬局方乳糖水和物(造粒した粉末)です。 直接打錠用の賦形剤として有用です。 

《ラインナップ》

粒径の違いにより3種類のタイプを取り揃えております。

製品 ダイラクトーズ®New icon ダイラクトーズ® ダイラクトーズ®
規格 日本薬局方「乳糖水和物」
USP/NF Ph.Eur. 適合 

日本薬局方「乳糖水和物」
USP/NF Ph.Eur. 適合

日本薬局方「乳糖水和物」
粒度規格 180μm on  2%以下
180~53μm  50~80%
53μm pass  20~50% 

355μm on  2%以下
355~75μm  50~70%
75μm pass  30~50%

500μm on   2%以下
500~75μm  80%以上
75μm pass  20%以下






D10 33 μm  51 μm

83 μm

D50 64 μm  94 μm

171 μm

D90 124 μm  169 μm 254 μm
かさ密度 0.47 g/mL  0.55 g/mL 0.56 g/mL
安息角 39 °  38 ° 37 °
SEM写真 img_dilactoseF_pict.jpg  img_dilactoseS_pict.jpg  img_dilactoseR_pict.jpg 

※物性値は代表値であり、規格ではありません。

≪特長≫

 

dai_gra.JPG◆圧縮成形性と崩壊性のバランスが良い


撹拌造粒法により製造される乳糖は一般的に圧縮成形性に劣ります。一方、スプレードライ法により得られる乳糖は圧縮成形性に優れる反面、崩壊性に劣る傾向にあります。これに対して流動層造粒法により製造されるダイラクトーズはそれら両面に優れますので、硬度が高く崩壊の速い錠剤を得ることができます。

◆混合性、流動性に優れる
ダイラクトーズSは、主薬との混合性を高めるために粒子径が細かく設定されているにもかかわらず非常に優れた流動性を有しています。これは製法に由来しており、微細な乳糖結晶同士も緻密に造粒されているためです。

◆保存安定性に優れる
スプレードライ乳糖のように吸湿性が高くありませんので、経時的にケーキングを生じる可能性は極めて低いです。


 

お問い合わせはこちら

 

▲ページの上に戻る

〒160-0023 東京都新宿区西新宿6丁目25-13 フロイントビル
TEL 03-6890-0750 FAX 03-6890-0870