社員紹介 社員紹介

品質保持剤事業本部
東京営業課
国際日本学部卒
2017年入社

Reason for Applying なぜフロイント産業への入社を希望されたのですか。

学生時代から、海外でも評価されているメイドインジャパンの製品に関わりたいという思いがありました。就職活動においても、日本のメーカーで海外進出している会社、かつ市場シェアが高い会社を探していました。当社の事を知ったのは大学の合同説明会がきっかけです。面白い会社だと感じ、機械営業職に応募しましたが、選考が進む中で品質保持剤営業に興味はないかとお話をいただき、今の部署への入社に至ります。入社の決め手は、品質保持剤事業を海外進出する話が具体的で、入社後すぐに携われることが明確だったからです。

  • Work 入社以来、どのようなお仕事をされ、現在どのようなお仕事をされているのかお聞かせください。

    品質保持剤営業の中でも立ち上げたばかりの海外営業チームへ配属になりました。入社当時に担当したお客様は海外7割・国内3割でしたが、最近は営業だけでなく、市場調査やSNSでの広報業務も加わり、海外5割、国内2割、マーケティング3割程の業務区分になっています。
    品質保持剤の市場調査は対象食品の抽出から始まり、現地で商品が販売されている棚の数や値段などのボリューム感を見るところから始まります。また各国の規制や、食文化についても調査した上で、当社の品質保持剤の特性を活かして付加価値がつくようなビジネスの形がないかを探っています。

  • 入社以来、どのようなお仕事をされ、現在どのようなお仕事をされているのかお聞かせください。
  • Episode
  • Episode 印象に残っているエピソードをお聞かせください。

    入社1年目にタイへ出張した際、ホームページから問い合わせをいただいていたお客様を訪問した事です。初めての英語を使ったビジネストークでしたが、そこで掴みができたことで、以来、取引が続いています。この出張では、展示会で水分活性測定器や品質保持剤の紹介も行いました。先輩に教わりながら英語で製品紹介をすることで、世界に対しての窓口として営業の役割を務められた達成感がありました。

やりがいを感じるのはどのようなことですか。

海外営業チームは立ち上げたばかりであり、社内にノウハウがなかったため、様々なことに対して1からやり方を考えてゴールを決め、正解が明確でない中取り組んできました。それが大変ですが、やりがいに繋がっています。既存のお客様への営業は、関係性の中で課題を見つけて提案しますが、新規のお客様のニーズを上手くキャッチしていくことが求められる市場調査や新規開拓営業は、新しい事に取り組むのが好きな私には合っていると感じます。

  • Dream 今後どのような仕事をしたいですか。
    またどんな自分になりたいと
    思っていますか。

    ニューノーマル時代を迎え、営業にもマーケティングベースのアクションがより重視される時代が来ていると感じています。積極的な海外訪問や現地調査はしづらくなってしまいましたが、その中で販売を伸ばす手法として、例えば今まで取り組んでこなかったWebでの販促や動画コンテンツの拡充等、Webマーケティングを活用した新しい営業方法はどうだろう、という風に、常に新しい戦略を模索していきたいです。今は事業部単位でのマーケティング起案がほとんどですが、将来的には全社一貫してのブランディングにも波及させていけたらと考えています。まだまだマーケティングは勉強中なので、今後は専門性を一層高めたうえで営業活動にフィードバックしていきたいです。

  • 今後どのような仕事をしたいですか。またどんな自分になりたいと思っていますか。

Private プライベートな時間は何をしていますか。

旅行が趣味です。本当は海外旅行が好きですが、最近は国内や近場の少しいいホテルに泊まるプランで楽しんでいます。

プライベートな時間は何をしていますか。

Schedule 1日のスケジュール

  • 8:50 出社
  • 9:00 業務開始 メールやSNSの反響をチェックしたり、海外市場のニュースを確認したりしています。
  • 10:00 取引中案件の状況を確認します。
  • 12:00 昼食
  • 13:00 社内MTG Web会議で、拠点の異なる開発部門のメンバーと、月次MTG
  • 15:00 お客様からのメール返信や資料作成
  • 17:30~18:00 退社 あまり残業は多くないです。

他の社員インタビューを見る