アペックスミルF&M(シールレスビーズミル)

  • 医薬業界 食品業界 粉砕機 研究開発用装置 湿式粉砕

    用途

    • 医薬業界
      • 原薬
         
      食品業界
      • 食品添加物、飲料添加物、健康食品・サプリメント用原料、チョコレート、食用色素、酵母、藻体など

    徹底的なコンタミ低減と短時間処理を両立させた湿式シールレスビーズミル。
    難溶解性薬物のナノ結晶化製剤など、API粉砕処理に最適です。

FEATURE

    • ナノ領域への短時間処理、低コンタミ処理の実現
      撹拌効率が高い構造のビーズミルを採用しております。ビーズ径・運転条件の最適化により、200ナノメートル以下の微細な粒子までの短時間での粉砕処理と、コンタミの低減を両立いたしました。
       
    • 徹底的なコンタミ低減構造
      メカニカルシール由来の金属コンタミ防止のため、業界初となるシールレス構造を採用しました。独自開発の動的シーリング機構により、 シールレスでもミル内が加圧され、スラリーやビーズの漏洩を防止しております。
      駆動部にはベルトレスのダイレクトドライブ構造を採用し、プーリーベルトからの磨耗粉発生を防止しております。
       
    • 高い分解洗浄性と可搬性
      スラリー回収性や作業性の良い縦型ビーズミルとし、シールレス構造により高い分解洗浄性を実現いたしました。
      ビーズミル、スラリータンク、ポンプを一体化するとともに、制御盤とチラーも収納したオールインワン構造を採用しております。

従来型ビーズミル(シールあり)とシールレスビーズミルの粉砕能力の比較を行った結果、シールレス化による処理時間への影響はなく、メカニカルシール由来の金属コンタミ濃度が0mg/Lという結果になりました。
また、煩雑であったメカニカルシールの分解や洗浄作業がなくなり、定期的な機械洗浄が容易となりました。

※詳細な技術資料についてはページ下部よりダウンロードいただけます。

装置運転条件の最適化において、以下の2つの課題が挙げられます。

処理後のスラリー中コンタミ濃度は、時間当たりのコンタミ濃度と処理時間の積で決まります。
時間当たりのコンタミ濃度を低くするためには、質量が小さく低衝撃力である小径ビーズの使用が有効です。
しかし極端な小径ビーズでは、ビーズ比表面積の増加によりビーズ同士の接触頻度が過剰になり、逆にコンタミ濃度が高くなります。

一般に、時間当たりのコンタミ濃度は、低周速側では、周速増加に対して比較的緩やかに増加しますが、ある周速以上からは急激に増加する傾向があります。
従って、時間当たりのコンタミ濃度低減には低周速運転が有効です。しかし、短時間処理には、高周速での運転が求められます。

広島メタル&マシナリー社では実機試験を繰り返し、コンタミ低減と短時間処理を両立するための「ビーズ径」と「撹拌ローター周速」の最適範囲を見出しました。これにより、安定性と生産性の高い運転条件を確立いたしました。

更に、ハード面においても最適化を図っております。

ビーズが円周方向に偏在することを防止できる縦型ビーズミルと、メカニカルシールを省略したシールレス構造を採用いたしました。
これにより、ナノ結晶製剤製造においては、原薬当りの金属コンタミ濃度を従来技術の1/30以下と大幅に低減させた事例もございます。

ソフト面の運転条件最適化と合わせて、コンタミ低減と短時間処理の両立に寄与しております。

※詳細な技術資料については下部よりダウンロードいただけます。
※ウェブブラウザはGoogle Chromeをご利用ください。

株式会社広島メタル&マシナリー本社(広島県呉市)では、
お客様のAPIを用いて実機でのテストが可能です。
お気軽にお問い合わせください。

シールレスビーズミルの装置紹介動画が視聴可能です。本ページに記載している内容はもちろん、装置全般に関してより詳細な情報を入手できます。
右のサムネイル画像をクリックいただき、必要事項をご記入後、動画視聴ページへと移ります。

※ウェブブラウザはGoogle Chromeをご利用ください。

関連資料

関連リンク

関連記事

関連製品