ネガモールド®Negamold®

  • 食品業界 エタノール蒸散剤+脱酸素剤 防カビ 酸化防止 やわらかさ しっとり感 発酵防止

    用途

    ネガモールド®は、エタノール蒸散剤と脱酸素剤の2つの機能を併せ持つ強力な品質保持剤です。
    水分活性値(相対湿度)の高い食品の品質保持に適しており、カビはもちろん、枯草菌の繁殖、酵母の発酵をも抑制する機能を持っています。

FEATURE

機能

  • ・包装内にエタノールを適切な速度に制御して蒸散するとともに、酸素を吸収して食品などの品質を保持します。

特長

防カビ 酸化防止 やわらかさ しっとり感 発酵防止
  • ・カビの繁殖を抑制します。
    ・酵母による発酵を抑制します。
    ・枯草菌の繁殖を抑制します。
    ・食品などの酸化を防ぎます。     
    ・⾷品の「やわらかさ」や「しっとり感」を保持します。

    ネガモールド®には、水分依存タイプ自力反応タイプの2種類があります。
    水分依存タイプ … 食品から発生する水分に触れて脱酸素を行います。水分活性値0.85以上の食品にご利用ください。
    自力反応タイプ … 空気に触れると直ちに脱酸素を開始します。水分活性値0.85以下の食品にも利用できます。

    脱酸素所要時間…1〜2⽇(25℃)

安全性

  • ・エタノールをシリカゲルに吸着させ鉄粉と混合した粉末を、特殊フィルム製の小袋に充填したものです。
    ・包装材、内容物とも全く安全な素材を使用しており、人体への影響はありません。
    ・内容物は(財)日本食品分析センターによる急性毒性試験により安全性が確認されています。
    ・包装材は厚生省告示第370号の試験に合格しています。

グレード選定⽅法

  • 1.包装フィルムには酸素及びエタノールを通しにくい材質をご使用ください。
    酸素透過度の目安:200ml/㎡・24hr・MPa以下
    エタノール透過率の目安:10g/㎡/day(40℃)以下
    の包装フィルムをご使用ください。

    2.ネガモールド®を封入する食品包装内の酸素量を求め、その酸素量よりも酸素吸収量の大きいタイプのネガモールド®を選びます。 

      

    3.必ず実際の商品形態で試験を行い、ネガモールド®の効果を確認してください。
    食品の保存可能期間は、同じ食品でも包装の仕方や、製造した季節、環境、保存温度などに影響されます。

お取扱いについて

  • 単包タイプ
    1. 開封後、下記の作業時間内にご使用ください(25℃)。
    タイプ/グレード(単包) 30, 50 100, 200, 300
    水分依存型 15分 30分
    水分依存型(検知剤付) 15分
    自力反応型 15分
    自力反応型(検知剤付) 15分
    自力反応型(非鉄系) 60分

    2. 開封用に各袋にノッチ(切り目)がありますので、そこから開封ください。
    ただし、ノッチ下部まで小袋が充填されていますので、開封時に同時に破らないようご注意ください。  

    連包タイプ
    1.開封後、下記の作業時間内にご使用ください(25℃)。
    タイプ/グレード(連包) 全グレード
    水分依存型 通算180分
    水分依存型(検知剤付) 通算120分
    自力反応型 連包品はありません
    自力反応型(検知剤付)
    自力反応型(非鉄系) 通算120分

    2. スタート位置は以下の通りです。
    つづら折り:外装袋にシールで明記されています。
    ロール :黄色マスキングテープで示されています。
    開封後はそこからご使用ください。  

    共通事項
    1. 商品の包装材には、酸素を通しにくい材質(酸素透過度200ml/㎡・24hr・MPa以下)で、かつエタノール透過度の低い素材(10g/㎡・24hr(40℃)以下)をご使用ください。
    2. 集合包装に1包ご使用される場合、個包装への開孔処理をしてください(包材100c㎡あたり、3mm大で8個が目安)。
    3. 段ボールの開封時、刃物のご使用はお控えください。中身の製品が破損する恐れがあります。
    段ボール開封後、製品を取り出す前の未開封時、外装袋がふくらんでいるものがあれば、ピンホールやシール不良の可能性がありますので、ご使用は避けてください(通常は脱気された状態です)。
    4. 全てご使用されない場合、外装袋内の空間をできるだけ少なくし、熱シールを実施の上、保管ください。
    休憩時間等短時間の場合はクリップでの保管も可能です(脱気シールが望ましい)。

    その他
    1. ネガモールド®の脱酸素速度は、低温になるほど遅くなり、5℃以下では極端に遅くなります。
    脱酸素が完了するまでは、常温においてください。冷蔵・冷凍は、脱酸素が終了してからおこなってください。
    2. ネガモールド®と不活性ガスを併用される場合、炭酸ガスの使用は避けてください。
    3. 真空包装との併用は、ネガモールド®が食品と包装フィルムに貼りつき、脱酸素とエタノールの蒸散が不可能になることがあります。包装内での空気の流通が起こる程度に、軽い脱気にとどめてください。
    その他詳細につきましては、下記取扱説明書をご覧ください。
     
     

関連資料

関連リンク

関連製品